中古マンションが売れるまでの期間はどれくらい?短縮するためのポイントとは

マンション売却
すむたす買取
すむたす買取

中古マンション売却にかかる期間はどれくらい?

中古マンションが売れるまでにかかる期間は、平均で4ヵ月といわれています(中古マンションが売れるまでの期間を、物件を売り出してから買い手が見つかって成約するまでの期間とした場合)。

しかし、中古マンションは「売ろう!」と思ってすぐに売り出せるものではありません。中古マンションを売り出すのには審査や査定などの「準備」が必要だからです。準備期間もすべて合わせると、中古マンションが売れるまでに6ヵ月ほどはかかるでしょう。

ただし、お伝えしたのはあくまでも「平均期間」です。条件やタイミングによって、売れるまでの期間は大きく変わります。平均期間内に買い手が決まらないからといって「うちの中古マンションは売れないのでは」と、値下げをする必要は必ずしもありません。

中古マンション売却の流れとそれぞれの期間

中古マンションが売れるまでの間、売主はどのようなことをしなければならないのでしょうか。

中古マンションが売れるまでの期間を「売却活動前」、「売却活動」、「売却活動後」の3つのフェーズに分け、それぞれどのような手続きが必要で、どのくらいの期間を要するのか解説します。

フェーズ手続き期間
売却活動前①査定 1週間
売却活動前②媒介契約の締結1週間
売却活動中③売却活動3ヵ月
売却活動中④売買契約の締結1週間
売却活動後⑤引渡し1ヵ月

最低でも売却活動前と売却活動後に1ヵ月ずつ、売却活動中に3ヵ月はかかることを理解しておきましょう。特に、住み替え先が決まっていたり、競売が迫っていたりなどの「早めに売りたい事情」がある場合は、売れるまでの流れとそれぞれにかかる期間をしっかりと把握しておく必要があります。

中古マンションの売却期間に影響する要素

中古マンションが売れるまでの期間は、平均で4ヵ月とお伝えしましたが、それは売却活動がスムーズに進んだ場合です。

中古マンションが売れるまでの期間は、さまざまな要素の影響を受けます。中古マンションが売れるまでの期間を左右する要素には、次の4つがあります。

  • お部屋の状態や条件
  • 売却を依頼する不動産会社
  • 媒介契約の種類
  • 売り出し条件

それぞれについて解説していきます。

お部屋の状態や条件

より多くの人が「住みたい!」と感じるようなマンションほど、早く売れます。具体的には「室内や建物全体の状態が良いマンション」「築年数や駅からの距離、専有面積などの条件が良いマンション」は、売れるまでの期間も短いです。

まず、築年数は浅ければ浅いほどいいでしょう。特に、5年以下の中古マンションは新築同様の価格で取引されることがあるほど人気です。売り出してすぐに買い手が決まることもあります。

駅からの距離は、徒歩6分以内が好ましいです。特に人気エリアでは人の出入りも激しく、売れるまでの期間も短くなるでしょう。

さらに、専有面積(玄関やベランダを除いた部屋として活用できる面積のこと)も重要です。特に人気のある広さは40㎡~70㎡ほどの中古マンションです。狭すぎても広すぎても、売れるまでの期間は長期化するといわれています。

売却を依頼する不動産会社

仲介の場合、中古マンションが売れるまでの期間には、不動産会社の力量が大きく影響します

不動産会社と一口に言っても、得意分野はさまざまです。中古マンションを売りたいのであれば、「中古物件」「マンション」「売却」が得意な不動産会社に依頼するのがいいでしょう。中古マンションの売却が不得意な不動産会社に売却を依頼してしまうと、売れるまでの期間も伸びてしまいます。

不動産会社の得意分野を見極めるには、ホームページで過去の取引事例をチェックしてみましょう。

媒介契約の種類

不動産会社と結ぶ媒介契約の種類も、売れるまでの期間を左右する大きな要因です。

一般媒介契約と呼ばれる複数の不動産会社で売却活動をする契約内容は、より多くの購入希望者の目に止まるものの、積極的な営業はしてもらえない恐れがあります。対して、専任媒介契約専属専任媒介契約は1社の不動産会社のみでの売却活動となるため人の目に触れづらいものの、より積極的な営業が期待できます。

それぞれの媒介契約のメリット、デメリットを押さえた上で、適切な契約形態を選択しましょう。媒介契約について詳しく知りたい方には、以下の記事がオススメです。

売り出し条件

売り出し条件も、中古マンションが売れるまでの期間に影響します。特に価格設定は重要で、どんなに良い条件の中古マンションでも、相場より高いとなかなか売れないでしょう。

ほかにも、周辺に似ているスペックの競合物件がある場合や、同じマンション内で売却中の部屋がある場合には、売却価格を慎重に決める必要があります。競合物件に比べて高い価格で売り出してしまうと、他の物件に購入希望者が流れてしまいます。

中古マンションの売却期間を短縮するためのポイント

中古マンションが売れるまでの期間をなるべく短くするには、どうすればいいのでしょうか。マンションを早く売るためのポイントは以下の3つです。

  • 不動産会社選び
  • 売り出し時期
  • 売り出し価格

不動産会社選び

中古マンションを早く売るためにも、高く売るためにも、不動産会社選びは重要です。中古マンションの売却に強い不動産会社を選ぶのはもちろん、売りたいマンションのエリアに強いかどうかの判断もしなくてはいけません。中古マンションの売却やエリアへの強さは、不動産会社のホームページから見極めましょう。

また、サービスの充実度も重要です。広告にはどのように掲載してもらえるのか、ハウスクリーニングなどのサービスは充実しているのかなど、事前にチェックしておくことをおすすめします。

不動産会社の選び方について詳しく知りたい方は、以下の記事もご参照ください。

売り出し時期

売り出し時期も、中古マンションが売れるまでの期間を左右します。中古マンションを早く売りたいなら、2月や3月などの新生活が始まる時期、競合物件が出ていないタイミングなどの「マンションが売れやすい時期」を狙うといいでしょう。

競合物件の有無は、売れるまでの期間だけでなく売却価格にも影響するため重要です。早く売りたい事情がないのなら、競合物件が少ないときに売り出すといいでしょう。

マンション売却のタイミングの見極め方について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

売り出し価格

売ろうとしている中古マンションは、かつて高いお金を出して買ったはずです。なるべく高く売りたいと思うのが人情ですが、相場より高すぎてもなかなか売れません。

売れない状況が続くと売り出し価格を下げたり、値下げ交渉に応じたりしたくなるものです。相場を把握し、はじめから適正価格か少し高いくらいの価格で売り出すと、売却活動はスムーズに進むでしょう。

売り出し価格の決め方について詳しく知りたい方には、以下の記事もオススメです。

中古マンションを早く確実に売る方法

ここまで解説してきたように、中古マンションが売れるまでの期間は平均4ヵ月、準備も含めると6ヵ月ほどかかるといわれています。

とはいえ、中には「そんなに時間をかけていられない」という方もいるのではないでしょうか。そのような方にはすむたす買取がオススメです。

すむたす買取では、売却スケジュールを自由に設定できる(最短2日〜)ので、売却活動が長期化する心配はありません。また、仲介会社を間に通さずにすむたすが直接物件を買取るため、仲介手数料ゼロでお得に売却することができます。

物件は買取後にリフォームを行うため、売却前のハウスクリーニングやリフォームは一切不要。築古などで状態の悪いお部屋でも、そのままの状態で売却できます。さらに、また、不要な家具や家電については、追加費用なしで処分可能です。

少しでも興味のある方は、まずは査定だけでもしてみてはいかがでしょうか。電話番号や氏名などの個人情報の入力は不要なので、迷惑な営業を受ける心配もなく、「まずはいくらで売れるかだけ知りたい」という方も安心して利用できます。

タイトルとURLをコピーしました