マンション買取のメリットとデメリットを徹底解説!売却時の判断材料にも

マンション売却
すむたす買取
すむたす買取

マンションの買取とは?


マンション売却における「買取」とは、個人が自身のマンションを不動産会社や買取業者に売却することをいいます。
買取業者は物件を買い取ったあと、リノベーションやクリーニングなどを行ったうえで買主に再販します。

では、買取にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
本記事では、買取のメリットやデメリット、買取向きなマンションの特徴をお伝えします。

マンションの買取と仲介の違い


買取のメリット・デメリットを確認する前に、マンションの売買を行う「2つの業者」について、簡単に説明しましょう。

マンションの売却方法には、買取仲介があります。
仲介は、マンションを売りたい人とマンションを買いたい人を、不動産会社が繋げることです。

買取の場合、不動産会社が買ったマンションを、別の買主に売却します。
両者には、売りたい人と買いたい人を繋げるのか、再販するのかという違いがあります。

仲介の特徴


仲介の最大の特徴は、買取よりも売却価格が高くなりやすいことです。

業者を介して、マンションを売りたい人と買いたい人を繋げるのが、仲介です。
実際にマンションを買うのは、「このマンションに住みたい!」と思ってくれる個人であり、売主の言い値で売却できます(もちろん、価格交渉をされることはありますし、相場に対して高額すぎてはなかなか売れません)。

買取の特徴


買取の最大の特徴は、最短1週間以内の短期間で、マンションを売却できることです。

買取では、マンションを個人ではなく業者が買ってくれます。
業者の目的は、買取ったマンションを(必要に応じて修繕し)、ほかの買い手に再度売り出すこと。買取価格と、自分たちで売るときの売却価格の差額から、業者は利益を得ます。
業者の提示する見積もりには「感情」が入っておらず、売主が価格に納得さえすれば、すぐに売却が成立します。

業者の利益分、売却価格は低くなる傾向になるものの、売却益が同じだけ低くなるわけではありません。
買取の場合、マンションの修繕費は業者が負担してくれます。仲介で発生する手数料も、買取ならかかりません。
売却にかかる費用と手数料が少ない分、手元に残る利益は大きくなるのです。

マンション買取のメリット


マンション買取のメリットは次の3つです。

【マンション買取のメリット】

  • すぐに現金化できる
  • 仲介手数料が不要
  • 清掃やリフォームなどの修繕が必要ない

「時間・費用・手間」がかからないことが、マンション買取のメリットといえます。
それぞれのメリットを、詳しく見ていきましょう。

メリット1:すぐに現金化できる


メリット1つ目は「すぐに現金化できる点」です。
先述したように、買取では1週間以内でマンションが売れることもあります。中には、最短2日で売却可能な業者もあるほどです。

仲介と比較すると、買取がいかにスピーディか、よくわかるでしょう。
仲介における購入希望者との巡りあわせは、まさに「縁」。マンションが売れるという保証もありません。
運が悪いと、1年経ってもマンションが売れないこともあります。

買取の「現金化の早さ」は、仲介の数倍どころか、数百倍になることもあるのです。

メリット2:仲介手数料が不要


メリット2つ目は「仲介手数料が不要な点」です。
買取では、マンションを売却するための費用と手数料が、一切発生しません。
売却価格=利益であり、わかりやすく、お得です。

一方仲介では、概ね「売却価格×3%+6万円」の手数料がかかります。
ほかにも、売却するための修繕費かさみ、気付かないうちに「売却にかかる費用」が大きくなっていくことも。

例えば、1,000万円で売却した場合の手数料は、36万円です。
個人への売却(仲介)で有利に働く「ハウスクリーニング」の費用は数万~数十万円、「リフォーム」の費用は数十万~数百万円です。

売却活動の内容にもよりますが、費用がかからないというメリットがいかに大きいか、おわかりいただけたでしょうか。

メリット3:清掃やリフォームなど修繕の必要がない


メリット3つ目は「清掃やリフォームなどの修繕が必要ない点」です。

買取の場合は、清掃やリフォームしなければ売れないようなマンションも、問題なく買取ってもらえます。
修繕は、業者が自分たちで費用を出し、やってくれます。

修繕費がかからないことはもちろん、修繕にのための手間も時間も、一切かかりません。

マンション買取のデメリット


買取にはたくさんのメリットがあるとわかりましたが、もちろんデメリットもあります。
マンション買取のデメリットは次の2つです。

【マンション買取のデメリット】

  • 売却価格が仲介より安くなりがち
  • 状態の良さが査定額に反映されにくい

売却価格が低くなりやすいことが、買取のデメリットです。
買取はなぜ安いのか。2つのデメリットについて、掘り下げてみましょう。

デメリット1:売却価格が仲介より安くなりがち


デメリット1つ目は、「売却価格が仲介より安くなりがちな点」です。
誰しも、マンションを少しでも高く売りたいに決まっています。売却価格が安くなりがちなのは、買取最大のデメリットというほかありません。
買取による売却価格は、仲介の8割程度と思ってください。

ただし、先述したように、買取には「手数料も費用も一切かからない」というメリットがあります。
売却価格が低いことはたしかにデメリットですが、「イコール売却益も低い」とはならないことは、覚えておきましょう。

デメリット2:状態の良さが査定額に反映されにくい


デメリット2つ目は「状態の良さが査定額に反映されにくい点」です。
仲介の場合は、マンションの状態の良さが、そのまま査定額に反映されます。

しかし、買取業者はリノベーションやクリーニングを行う前提で、マンションを買取ります。
マンションの状態の良さは、買取業者にはあまり関係ありません。どんなに状態が良くても、自分たちで手を入れるからです。

「状態の良さが反映されにくい」というデメリットは、「売却価格が安くなりがち」というデメリットにも、直接繋がっています。

買取向きのマンションは、どんなマンション?


買取に向いているマンションの特徴は次の3つです。

  • 立地が悪い
  • 極端に古い
  • 生活しづらい

買取向きのマンションとは、どんなマンションなのでしょうか。
一つひとつ、具体的に見ていきましょう。

立地が悪い


買取向きのマンションは、「立地が悪いマンション」です。
駅から遠く離れていたり、コンビニやスーパーまで歩いていけないような物件は、住むことが目的の個人には避けられます。
特に、マンションから駅までの距離は重要。駅から徒歩15分以上のマンションは、仲介だとなかなか売れないでしょう。

「売却にかかるコスト」とは、費用や手数料だけではありません。「売却にかける時間と労力」も、大切なコストです
仲介でコストをかけて売るよりも、多少安くても、買取ですぐに売ってしまうことをおすすめします。

極端に古い


買取向きのマンションは、「極端に古いマンション」です。
マンションの劣化具合にもよりますが、築30年以上のマンションの査定額は、新築時のおよそ半分です。
古いというだけで、多くの人から避けられてしまいます。

しかし、「古くても新築のようにきれい」「古いけど魅力的な内装」のマンションも、同じように避けられるでしょうか。
古いマンションでも、リノベーションをすることで資産価値を高められます。
買取なら、売主は一切費用をかけずに、長年住んでいた大切なマンションをきれいに生まれ変わらせられるのです。

生活しづらい


買取向きのマンションは、「生活しづらいマンション」です。
次のようなデメリットのあるマンションが、生活しづらいマンションです。

  • 家具を配置しにくい形の部屋
  • 家の設備や仕様が極端に古い
  • 断熱性や機密性などの性能が低い

生活しづらいマンションも、リノベーションによって、「生活しやすいマンション」に生まれ変わることができます。

メリットとデメリットを知り、マンション買取を上手に使おう


マンション買取には、どんなメリットやデメリットがあるのか、おさらいしましょう。

【買取のメリット】

  • すぐに現金化できる
  • 仲介手数料が不要
  • 清掃やリフォームなどの修繕が必要ない

【買取のデメリット】

  • 売却価格が仲介より安くなりがち
  • 状態の良さが査定額に反映されにくい

買取に向いているマンションであればあるほど、メリットの恩恵を受けやすくなります。
「少しでもマンションを高く売却したい」「築数年が新しい」という場合、デメリットの影響が大きく、買取には向きません。

自分のマンションの状況を踏まえ、もし買取を検討するなら、まずは「マンションにどの程度の価値があるのか」を知ることが大切。
そして、マンションの価値を手軽に調べる方法が、「査定」です。

「でも査定ってどうやってするの?」
「査定って面倒そう」
と考えている方におすすめしたいのが「すむたす買取」。

「すむたす買取」は、Webから5つの項目を入力するだけで、最短1時間で査定ができます。
査定価格が気に入れば、30分程度の現状確認を経て、最短2日で売却することも可能です。

いずれにしても、査定は無料で手軽。ためしに1度、査定してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました